前へ
次へ

不動産の相続税について

私たちの国では、親族がお亡くなりになり、財産を継承した時や遺言書などにより財産を譲りうけたときに相続

more

不動産の相続税問題、相談はプロにして正解

不動産を相続するケースで最も一般的なのは、自分の親から相続するというものでしょう。そしてその際必ず発

more

不動産に関する相続税について

相続税の中には土地や家屋といった不動産も課税対象に含まれています。従って、不動産を金額に換算するとい

more

不動産に相続税がかかる場合について

相続税とは、親族が死亡して残りの財産を継承した際に国に納める税金のことです。これは、不動産でも税を納める課税対象になります。不動産相続税を計算する際には、その土地や家屋などの不動産を金額に換算します。例えば、土地の計算で用いられますのは路線価です。路線価とは国が相続税を計算するために発表した公式価格です。家屋の計算方法では固定資産税評価額を用います、これら以外にも、いろいろな条件によって税額は違ってきます。また、控除される場合もあります。その際に、一定額以下の場合には相続税は発生しません。ですが、控除の対象となり、計算上の金額が1円以上となった場合には、納付する必要があります。納付額は金額が多ければ多いほど大きくなります。

ウォシュレット付きにトイレリフォーム
ウォ-ターソニックならお安く施工できますので一度お電話ください

自分の希望に合うマイホームを建てられる場所を簡単に見つけられます
条件を入力するだけで、自分の希望に合う注文住宅を建てられる場所を見つけられます。

曲線といった個性的なデザインの物件も施工可能です

高級感のあるデザインの集合住宅を建てることができます
曲線や円形など、従来の鉄筋コンクリート製住宅では実現できなかったデザインも実現できます。

住宅改装中の進捗状況なども報告してくれます
工事に関する改善点があれば、早急に対応してくれるので安心です。

不動産の相続税の計算方法

不動産を相続した場合に発生する相続税は、路線価方式という評価方法で計算することになっています。路線価は、毎年1月1日時点での評価で決められることになっていますが、その年の路線価が発表されるのは、例年8月の上旬頃のことです。一般的に、実勢価格よりも路線価の方が2〜3割程度安くなっていると言われていますが、取引価格の下落が続いているような局面においては、路線価の方が高くなってしまう可能性が出てきます。この路線価は主要な道路に面した土地にしか付けられていません。現実的なことを考えると、路線価が付けられていない土地がかなりたくさんあるため、実際の運用では、国税庁が定めてある倍率をかけて計算することになっています。

Page Top